ふたりの花見弁当

今しかできない時間の使い方を考えさせられる

ふたりの花見弁当」/山口恵以子

ふたりの花見弁当」は

食堂のおばちゃんシリーズの第4段。

今回も、前作までに登場した
常連さんたちとの日々を描いている。

食堂のおばちゃんシリーズは
夫の両親が佃で始めた食堂を
義父、夫亡きあと、義母と一緒に
切り盛りしているお話。

※前作までのざっくりした内容は

コチラからも!


今作は、人生のステージごとに

時間の使い方が変わることを

考えさせられる場面が多かった。


80代半ばの義母が、

10年前にできたことが

できない現実を冷静に捉え、

これから5年後、1年後、

さらには昨日できなかったことが

できなくなっていくだろうと

老いについて語るシーンや、

主人公と義母がそれぞれの思い出の

味を探しに行って、

すっかり店が変わってしまった

ことに戸惑う場面など

今、目の前にあるものは

自分の体も含め今だけのものなんだと

何度も思わされた。


変わらずにいたいと願ったり

逆に、大きな変化を期待したり

自分だけ取り残された気分になったり

と、色んな悩みを持つ人が出てくるけど、

お客さんを大切にする気持ちは変えずに

材料費の高騰や客のニーズにも

上手く対応しながらやっていく

食堂の力強さに元気をもらえる。


まだまだこれからも

この食堂、そして作品が

続いていってほしいな。


去年の自分も今年の自分も!

おいしいものはおいしい

昨年と同じく夏休みに小田原に

連れていってもらった。

夜も朝も大好きなバイキングを堪能。

アジの開きにたたき、かまぼこに早生ミカンと・・・

好きなもの、たくさん食べてしまうものは

一年経っても変わらないな~。

毎年同じように過ごせるって幸せなことだ。


そのうち、食欲が細って、

バイキングに行けなくなるかもしれない。

とはいえ、今回

ローストビーフを頂く際に、

『1枚で良いですか?』と聞かれ、

前にいた高校生くらいの男子のように

『いえ3枚下さい』と言えず

『はい、1枚で』と答えてしまった

ことを後悔するほど、食い意地は

留まることを知らないのだけど。


食べられる時に食べられるものを

おいしく頂いておこう!

感謝。

Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と共に、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000