話のおもしろい人、つまらない人

この本を買ったのは誰?

16年前の記憶を辿る

実家の本棚で「話のおもしろい人、つまらない人

という本を見つけた。

元ニッポン放送アナウンサーの高嶋秀武さん。

2002年6月発行。


その頃、我が家の誰かが

買ったのだと思うのだけど、、、


大学生だった私?
大変失礼ながら、読んだ記憶がない。。。

当時アナウンサー志望の
学生だったから
面接のヒントを求めて購入?

もしくは


高島さんは同郷出身。
横須賀の星が書いた本として
本屋さんが盛り上げてて購入?
だとしたら私じゃない家族の可能性も?

でも高校生だった弟や中学生だった妹は
興味を持たないだろう。


サブタイトルが

”人間関係が10倍うまくいく話し方のヒント”

だから、両親が何か悩んでいて購入?


再読になるのかはじめて読むか

分からないけど読んでみた。

話し上手は言葉をケチらない

話のおもしろい人、つまらない人」/高嶋秀武

この本は、

・第一章「話のおもしろい人」は、ここが違う!

・第二章 なぜ、あなたの話はつまらないのか?

・第三章 誰でも「話のおもしろい人」になれる!~ケース別・しゃべりのポイント~

で構成されている。


まず第一章では政治家の例などを挙げて
話がおもしろい人の特徴を
解説しているのだけど
この本が出されたのは2002年。
今から16年前。
まだライブドア事件も起こっていなければ

スマホもradikoも登場していない。

あ、プリキュアはこのころからか!


今だとこの手の本によく登場するのは
小泉進次郎さん。
お話がうまい人の例として出てくる。
でもでもこの本には当時総理大臣だった
純一郎さんが登場。
今さらだけどすっかり世代交代したんだな。
内容が入ってこないほど懐かしい。

あの頃、読んでいたとしたら
アナウンサーになるには
どうゆうポイントを抑えるべきか
と言う視点で読んだのだと思う。

・・・の割に、私は全然この本から

学べてなくて、

”つまらない”の例に当てはまるし、
話がうまい人がやっていることが
できていない。

だからもし高嶋さんとお仕事をする
機会があったとしたら
至らぬ奴だと思われるな、とか
アナウンサーを長らくやってる方に
同じような指摘を受けたことがあるなとか
自分の足りない部分と照らし合わせて
苦しくなりながら読んだページも結構あった。

一番響いた言葉は第三章に出てくる
“言葉をケチるな”と言う表現。

無言のエアコン設定温度対決を例に
温度設定を変える際に一言添えれば

お互いに不快にならないことを

紹介しているんだけど
ケチの例に使われた人、
気を悪くしないかな(苦笑)
(・・・と言うのは横道に外れた考え)


相手に気持ちよくいてもらうために

一言添えられない人は出世できない
と書かれている。

私も、忙しいとか、しつこいと思われたくないとか

色んな理由をつけて

これまで言葉をケチったことが

たくさんありすぎて。。。


こまめに連絡しなかったり
きっと何も言わなくても

分かってくれるだろうと

相手に自分の思いを

汲んでもらおうとすることは

言葉のケチだったのだなと反省した。

ケチな人とは良好な人間関係を
築きたいと思ってもらいにくい。

あー私ケチなんだ。
確かにお金の管理下手で、ケチだけど。
言葉のケチも気をつけよう・・・
そうそう。

発掘した時には

緑色のBOOKS SUMIYOSHIの
カバーがついていた。(右下)

メインで使っていた本屋さんでは
ないけど、確かに当時の通学路にある。
立ち寄っていたとしても
不思議ではない。

やっぱり私が買ったのかな。

写真は、色んなブックカバーの本。

本棚のすぐ取り出せるところの

ものだけでも色々あった。

左上、有隣堂の色が選べるブックカバー

素敵~。


色んな場所で暮らしてきたから
ブックカバーでいつ頃に買ったか

分かるのが良いな。


結局、自分で買ったのかどうか

分からなかったけど、

今回、楽しく読めたからいいや。

Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と共に、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000