風のベーコンサンド

地方創生小説?!

風のベーコンサンド」柴田よしき

バブルの頃、ペンションブームで賑わった
高原で、居抜きでカフェを始めるお話。

今はすっかり寂れてしまった高原に

東京から、大きな決意をしてやってきた

主人公は、地元のこだわり食材と
料理のセンスで、何とかカフェを
切り盛りしていく。

カフェを開くという夢を叶えたにも関わらず
浮かれた雰囲気はなく、
むしろいつも不安を抱えている主人公。
誠実で聡明で努力家なのに
なんでそんなに自信がないのか?
徐々に明かされつつ

高原にはピンチが忍び寄る。


カフェ経営は甘くないことが

とても現実的に書かれているのだけど

迷いつつも冷静に客のニーズを分析して

自分の感覚を信じてカフェ守っていく

主人公だから、応援しながら

読み進められた。


カフェ経営と言えば、

「コーヒーもう一杯」にも(→感想はコチラ

やはり簡単じゃないんだな~と思わされたな。


タイトルのベーコンサンドは
地元食材の味を活かした
シンプルな絶品。

食べてみたい~。

そして、このベーコンサンド

にまつわるストーリーを読むと、

より食べたくなること間違いなし!


他にもおいしそうなもの満載!

食いしん坊は夜読んだらダメな

作品でもある!!!


9月28日に続編が出るらしい。

タイトルは

「ワイン煮込みをあなたと(仮)」

だったのが

「草原のコック・オー・ヴァン 高原カフェ日誌II」

になってた!!!

なんだろコック・オーヴァンって。


おいしいものに違いない!


惹きつける努力が?!

大盛況のプリキュアイベント

最近、学生時代に一緒にスキーを

やっていた先輩、後輩、同期に

会うことが多い。

今はもう高原って遠いけど

学生の頃は身近だったんだよなー。

でももう10年近く

ちゃんとスキーしてない。

スキー場のシステムも

色々変わったみたい。

今シーズンこそ行きたいな~。


しかしこの夏は、都会の真ん中で

相変わらずプリキュアな日々。

池袋サンシャインでやってる

HUGっと!プリキュア みんなで応援!

フレフレプリキュアワールド

に行ってきた。


大盛況で、たっぷりお金を

使ってしまった~!!!

カフェで客単価を上げるのと同様、

イベントでいかに、入場料+αでお金を

使ってもらうかも、頭を悩ませて

仕組みを構築したんだろな。


そう考えると

散在してしまったことを

肯定できるような・・・

Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000