すしそばてんぷら

食いしん坊、お相撲さんに憧れて

小説も食べ物系が気になる!

産後太り解消ダイエットをしているけど

我慢しているせいもあってか、最近

週に一回はどか食いしたくなる。
(しかも3月はすっかり心折れて

ほとんど痩せず、すっかり停滞気味)


お相撲さんになりたいなぁ。と
ため息が出ることも。

"これ3にんでぜんぶたべます”

とか書いてあると、

もちろん私が完食できる量ではないけど

いいなぁと思う!!!


美味しそうなものを
たくさん食べられるなんて夢のようじゃないか!


お相撲さんは食べるのも仕事な訳だから

楽しいだけじゃないんだろうけど。


さらに最近は、本屋さんでも

美味しそうなタイトルに反応してしまう。

”どう考えてみも全部好き”って
心の中で叫んでしまった。

ありそうでない、
素晴らしいタイトル!!!

年長者の話をたくさん聞いておこう

すしそばてんぷら」/藤野千夜

隅田川のそばで暮らす主人公は

早朝番組のお天気お姉さん。

祖母と2人で生活しながら

下町の魅力に気付き始め

”江戸まちめぐり”というブログを

スタートさせる。


下町で食べ歩きをしながら

出てくる江戸のうんちくが

どれも興味深い。

そしてもちろんどれも・・・

すしもそばもてんぷらも

おいしそうで食べたい!!!


とにかく下町グルメはどれも食べたくて

たまらなくなるのだけど

主人公が同業に近いので

ちょっぴり複雑な思いもありつつで読み進めた。

主人公はかわいげがあって素直だから

仕事も順調に舞い込んくるんだと妬んでしまったり。

こんな上手くいったらな~と夢見つつ

足りなかった部分を突きつけ付けられる

ようでもあり、ほろ苦い気持ちにも。

うーん、まあこれからがんばろう!


歴史ある名店が次々登場する中で

行ったことがあったのはかんだやぶそば

そしそばてんぷら」を読みながら

お店の風景や店員さんの声

そばの香りや濃い色のそばつゆが

思い出された。

おいしいそばが食べたい!

火事になる前に行けて良かった~。


この物語のキーマンは祖母。

主人公に知恵を授けて

気持ちを引き上げて・・・

江戸と下町の事情通でありながら

iPadを使いこなして

レシピ検索しながら料理をする

新しいもの好きな生粋の下町娘。

そんな祖母とたくさん話をすることで

主人公の仕事や生活は良い方向に

導かれていく。


私ももっとおばあちゃん、おじいちゃんと

話をしておけば良かった。

元気なうちに聞きたいことが

たくさんあったのに・・・と

おばあちゃんとたくさん話ができる

主人公が羨ましくなる。

祖父母と孫ならではの距離感ってあるよな~。

娘たちにはおじいちゃんおばあちゃんが

元気なうち色んな事を聞いておくように伝えよう。

今思えば、一緒にいられる時間はあっという間。

せつないな。


おばあちゃんから知恵によって

孫が奮闘する話なら中山七里さんの

静おばあちゃんにおまかせ」も良い!!!

感想はコチラ

テレビはちゃんと見られなくて残念だったけど

年度末にドラマ化されていて

この作品好きだったと思い出した!

写真は、春休みに帰省した時のあれこれ。

子供の頃祖父母にも連れて行ってもらった

くりはま花の国では、今ポピーが咲き始め。

でも、マーガレットもキレイだった。

桜あんのたいやきと

インターコンチネンタルホテルのイタリアン

バイキングと、故郷には、

大好きなものがたくさんあるなぁ。


Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と共に、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000