半島を出よ

大雨とか地震とかミサイルとか

心配なことがいっぱい。

娘がこれから生きていく世界は
すごく大変なことになっちゃうのかな
と、不安になる今日この頃。

純粋で前向きな幼児といると
未来は明るくない可能性が
結構濃厚かもと思っているのに
もちろん言うわけにもいかず
胸が締め付けられる。


この世に産み出してしまって

果して大丈夫だったのだろうか。


う~ん、でも
心配してもどうしようもないから
1日1日一緒に楽しく過ごそう!

お祭りですくってきた
金魚も飼うことにしたし!


生き物を育てることには反対派だったけど

(自分たちの世話で精一杯だし)

でも、せっかく連れて帰って

きちゃったからには、

きちんと育てて

何か学んでほしいわ。

福岡ドームが占拠される?!

半島を出よ」/村上龍

そんなこんなで、最近

ニュースを見ながら暗い気持ちに

なりがちな私に

追い打ちをかけるかのように

『そう言えばこれは読んだ?』

と、夫が本棚から出してきたのが

村上龍さんの「半島を出よ


この作品では、

北朝鮮の遠征軍によって

プロ野球の、開幕戦が行われている

福岡ドームが占拠される。

ところが失業率が10%を越えて

アメリカにも見放された

日本政府は事実上黙認。

九州を見捨てるような

態度に出た政府が

対応策を見いだせないなか、

地元の不良少年たちが立ち上がる。


『そんなことができちゃうなんて

人間って恐ろしすぎる!』って思わされる

拷問シーンや戦闘シーンを

震えながら読んだ。


過激なフィクションだけど

こんなことが起こっても

おかしくないって思える

今の世の中ってやっぱり

恐ろしいよな。。。


世界中のみんなが仲良く、

敵は自然災害!

他国から国を守ることじゃなくて

環境の変化に対応するために

お金も知恵も使う!

・・・って世の中には

できないんだろうな。

できたらいいなと思うけど。


所詮ただの主婦の戯言だわ。

無力だな~。

Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と共に、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000