家康、江戸を建てる

小さな春発見!

春風さーん!

まだまだ寒くて、

相変わらず

『北風さんやめてよ。』

『春風さん早く~!』と言いながら

自転車に乗っているけど、

少しずつ春を感じられる

ことも増えてきた。

前向きに、三寒四温を堪能中!


今日は、線路の向かいに見えた、

娘がピンクに反応!

何桜?

光の具合で色が違って見えるのが

とてもキレイ。

始めに生活の基盤を固める

家康、江戸を建てる」/門井慶喜

春は新生活が始まる季節。

自分の住処は、最初に

きっちり固めておくことが大切だと

思わせてくれるたのが

門井慶喜さんの「家康、江戸を建てる


家康は、今から約400年前は

沼地だった関東を、

治水工事によって、

川の流れを変えるところから

江戸の町に作り上げた。


水道や通貨を整えて、

石を切り出し積んで、天守閣を建てる。

この作品では、江戸の町が

どんな人たちによって

どんな風に作られたかがよく分かる。


家康の先を見通す力はすごいけど、

260年続いた江戸時代は

この時にプライドを持って

インフラを整えた職人さんたちが

いたからこそ。


戦乱のない世の中は

人々の生活の基盤をきっちり固めたから

続いたのかな。


古地図アプリで

歩いてみたい~!!!


新生活は最初が肝心!

きちんと整えてスタートさせると

毎日が過ごしやすくなるはず!


この春の課題は、

片づけやすい、仕組みの構築!

がんばるぞ!

Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000