最高の経営者 小説・樋口廣太郎―アサヒビールを再生させた男

アルバイトの答え合わせ?!
言われたことをやってただけだった

キリンビールのサクセスストーリーを読んで

ふと高校生の時にお蕎麦屋さんで

アルバイトしていたときのことを

思い出した。

お店には

夜になると一杯ひっかけながら、

お蕎麦を楽しむ人がやって来る。


瓶ビールがよく出て、

ビールと言われたら必ず

『キリンにしますか?アサヒにしますか?』

と聞くように、指導を受けた。

(おかみさんがとっても難しい方で

高校生の私はいつもビビッていた。笑)

当時何にも考えずに

ただ、マニュアル通りに聞いていたけど、

どっちでも良いという人は

あまりいなかったような。

確か、キリンの方が多かったかな~。


調べてみたら、

ちょうどアルバイトをしていた2001年に、

ビール類のシェアで

アサヒが初めてトップを獲得した

と書かれた資料が見つかった。


熾烈な戦いが繰り広げられてたんだな。

今もか。


※アルバイトしていた

お蕎麦屋さんは、結構前に

チェーンの牛丼屋さんに

なってしまった。


時代にうまく乗った経営
最高の経営者」/高杉良

キリンだけじゃなくて

アサヒビール関連作品もも読まないと

なんだかフェアじゃないなと思って

探してみたら、

企業小説の第一人者と言われる

高杉良さんが

作家生活40年、

著者最後の企業小説として

最強の経営者 小説・樋口廣太郎

―アサヒビールを再生させた男

を昨年出されていた。

これは読まねば!!!


住友銀行から低迷するアサヒビールを

再生させるためにやってきた

樋口廣太郎さんの手腕が描かれた作品。


目先の売上よりも、

古いビールを捨てることでの

メリットを優先して動いたかと思えば

自社製品同志が市場を食い合うことを懸念せずに、

アサヒスーパードライを発売したり

すごい英断ばかり!!!

ネガティブ要素にばかり目を向けてても

大きなものは得られないってこと?!


それから、時代に上手く乗ったんだな~。

新工場や社屋の建設など、

バブルだったからたっぷり

お金を使ってできたのかな~。

あの頃作った様々なものが

アサヒスーパードライの大ヒットを

支えている。


先を読む目を持っているというところが

最高の経営者たる所以なのかな。


凄い人がいたんだな~。

かっこいいな~。


写真は、ある日の食卓を抜粋。

(汚くて恐縮)

子供を産んでから

もっぱらノンアルコール派になった今。

そろそろ特定の銘柄に決めたほうが

よいかしら?



Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と共に、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000