脱・限界集落株式会社

名古屋らしさって何だろう。
大須で新発見!

大須観音&周辺の商店街散策に

はじめて行ってきた。

先週末の豊国神社に続き、

せっかく名古屋にいるのに

知らなかったことが
もったいないと言うか、
ここに来たことがなかったのに
『名古屋って~』『名古屋の人って~』

と言っていたことが恥ずかしくなるほど

今までのイメージの中になかった

雰囲気の場所だった。


庶民的で国際的なところも

老舗も、オシャレカフェも

ブランド品のリユースも

いろんなものがそろっていて、

ものすごく活気のあるゴタゴタ感!

楽しかった~。


商店街VS大型商業施設
脱・限界集落株式会社」/黒野伸一

活気のある商店街で思い出した作品が、

脱・限界集落株式会社」。

前作「限界集落株式会社」は、農業を軸に

限界集落である故郷を再生していく物語。

その続編となる本作では、

農業で復活を遂げた町に

人が集まるようになったことから

ショッピングモールが建設されて、

駅前商店街の衰退が問題がとなる。


社会人になってから、北も南も

いろんな場所で暮らしてきたけど、

ショッピングモールと商店街の共存って

多くの町が頭を抱えている問題だと思う。

必ずしも商店街の衰退=モールの出現

ではないと思うけど・・・


この作品からは、

モールのせいで店を畳むしかないと諦めずに

すむように商店街は商店街の良さを発揮する

必要がある。というメッセージを

受け取ることができる。

便利さ安さだけが売りではない。

価値観が多様化した今だからこそ、

商店街が必要とされるはず。


このシリーズの主人公たちは、

魅力の棚卸が巧みで

とてもわくわくさせてくれる。

同じように、今様々な自治体に棚卸上手な人がいて

面白いPR動画が作られたり、

魅力の再発掘・発見がされている。


次々に斬新な企画を思いつく人がいて

凄いなぁと毎回思うけど、

安城市は高値買取?!!!!

と銘打って観光PR動画を募集して、

優秀な作品を買い取るコンペを開催中なんだとか。

そして今、『安城市観光PR動画コンペ一般投票』として、

出そろった動画に対して

WEBで一般視聴者による投票受付中!

面白い~!!!

私は、あれに投票する!

※投票期間は、2017年3月10日まで

Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000