でーれーガールズ

娘の三歳の誕生日に、

シルバニアファミリーの灯りのともる大きなお家をプレゼントした。


ちょっと後ろめたいけど、間違いなく娘より自分が嬉しい!

次は何を買い足そうか夜中まで検索したり、

シルバニア好きのブロガーさんを探して、記事をむさぼるように読んだり、

楽しみが止まらない!


娘よごめん、、、でも、ママが飾ったの壊さないでね。


実家に残っている初代シルバニアは、

小中学校の同級生のお姉さんのお下がりで、今、娘にまで引き継がれている。

シルバニアをくれた友人は、違う高校に進学して、実家も引っ越してしまったので

すっかり疎遠になってしまった。

にもかかわらず、うちの子が生まれたばかりの頃にfacebookで見つけてくれて、再会。

素敵なお母さんになっていて、たくさんアドバイスと元気をくれた。

ありがたかったぁ。

でも、距離が離れていることもあって、それ以来また会えていない。


色々、お礼を言いに行かなくちゃ!!!


原田マハさんの「でーれーガールズ」は、

疎遠になってしまった古い友人に会いたくなる作品。


有名漫画家となった主人公は、母校から講演を依頼されて凱旋帰郷することに。

そして、悪気なく深く傷つけてしまった高校時代の友人に、45歳になって再会する。

あの頃ならではの人間関係の難しさってあったなぁと、

情景や登場人物の気持ちが細かく生々しく描かれているので、

懐かしく思い出すことができた。


登場人物たちの関係を見ていると

時が解決してくれることもあるけど、

いつか、、、と思っているとこのままになっちゃうかもと思わせてくれた。


久しぶりの連絡は勇気がいるけれど、
後悔しないように!

Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000