燃ゆるとき

”夏より秋は、日照時間が短くなって日光を浴びることで作られるセラトニンが

少なくなるから食欲が抑えられなくなる”という話をラジオで聞いて、

流し聴きだったから、正しい情報じゃないかもしれないにも関わらず、都合よく解釈。

仕方ないってことで、欲求には素直に食べまくっている。


結果、体重二キロ増。


歩く時間を長くして、週に最低二回はジョギング三十分。

これでおいしいものはいただき続けて大丈夫?だろう。

体重が増え続けたらまた考えよう。


平日お昼のカップ麺もちょっと前に解禁。

最近は、テレビCMで見て買った新製品がおいしかった!

(広告を作ってる人からみて、良い受け手だなぁと、自画自賛。)

インスタントラーメンって体に悪いイメージがあるけれど、

このラーメンを作った会社の創業者は83歳まで。

高杉良さんの実名経済小説「燃ゆるとき」の主人公。

東洋水産の創業者森和夫さんは、95歳。

もう一つのライバル会社の創業者は、96歳まで長生きされているそう。


インスタントラーメン食べて長生きできるんじゃん!!!


燃ゆるとき」は、零細企業が一部上場まで上り詰めるストーリー。

戦後の混乱期に、寝食も忘れるくらい働く姿や

足を引っ張られたり、邪魔されたり、様々な苦労が描かれている。


でも頑張ってどんどん豊かになる時代の勢いって凄い。

今とは違う夢があったんだなぁ。


魂と愛の詰まった商品。


これからも、おいしくいただこうと思う。

Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と共に、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000