ハピネス

私はうっかり、先のことは考えずに転妻になった。

でも、行くのが嫌なら仕事を探して子供と一緒に残ればいいのでは?

と、安易に考えている。


夫と一緒にいたくて、幼稚園に入れるまで子供との時間をたっぷり取りたくて、

でも引っ越しは嫌なのって、、、無理かなぁと。


ついていかない選択もできるように、ここでの仕事を軌道に乗らさなければと

焦りながらものんびりしてしまっている。


桐野夏生さんの「ハピネス」は、主人公の夫が海外転勤後、単身赴任で音信不通という

凄い設定からスタート。

舞台は江東区のタワーマンション。

生活そのものがファッション・・・と言うか、

他人に羨まれるような生活をして、その生活を守るために、

住人同士で規律正しく生きることを強要しあっている空気が怖い。


見栄っ張りでうわべだけのタワマン生活と、ママ友との人間関係に執着する主人公。

良く見せるために努力しているけど、それぞれのママの裏側はドロドロしている。


そんな中、主人公が少しずつ視野を広げて、一歩踏み出すと等身大の自分が見えてくる。

そして、周りも伴ってくる。


登場する男性たちに、子供が生まれたら、子供を第一に考えてもらえたらと思った。

子供っぽい男性が多すぎる! これは現実世界も同じ?!

子育てに主体的に取り組まず不倫する男性は、いくらスペックが高くても、

魅力的ではない!

ハピネス」に出てくるハイスペックママが、手作りのお菓子を上手に作り

ママ友たちにふるまうシーンがあった。

『よいお母さん=手作りのお菓子を一緒に作る。』これは、あるな。

だから私も、混ぜて焼くだけど、娘と一緒にやってみたりする。


でも、正直な気持ちになってみると、

『よいお母さんの行動をした』と自分を称賛したいだけでやっているかも。

自分のために。

そう考えると、私も子供が第一じゃないか。。。


人を責めることはやめよう。。。

ごめんなさい。

Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と共に、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000