ひなた弁当

久しぶりに、企業戦士さんと働いた。

名刺のない自分で。


会社を辞めた時には、正社員でなくなるのが怖かったし、

大きな企業で働く人のことは、今でも羨ましく思う。

でも、それがすべてないことを、30歳過ぎて子供を産んで、十分に理解した気がする。

私には、男性たちが築き上げたルールの中で、子供を持ちながら働くのは難しかった。


企業で働く以上、求められるパフォーマンスができなければ、役立たず。

そして、やる気を失い、また結果が遠のき、最悪の場合リストラも・・・


山本甲士さんの「ひなた弁当」はリストラされた元企業戦士の再出発の話。

会社のみならず、家庭でも居場所を失った主人公が

ある閃きで、生き抜く術を見出していくというストーリー。

便利な世の中で、見落としていたものが実は素晴らしい!

企業や家族に見捨てられた主人公も実は、素晴らしいアイデアを持っている。


一つの評価基準で、ダメの烙印を押されてしまっても、人生諦める必要はない。

好きなことをマイペースに仕事にすればよいのだ・・・と作品が背中を押してくれる。

そして、そのほうが、会社員時代より、輝けるかもしれない。とも思わせてくれる。

写真は、昨日、打ち合わせで行ったお店のカップケーキ。

バタークリーム、大好き♪


私もそろそろこれからを形にせねば。

でも、そのためには、もうひと閃き必要!

早く降りてこないかな。

Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と共に、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000