野心のすすめ

今年の七夕、織姫と彦星はきっと会えた!


二人は一年に一度の晴れを願っているけれど、

私は、平日は毎日、晴れてほしい。

子供の保育園の送り迎えで自転車が使えるか使えないかは、かなり大きな問題だから。

朝夕だけでも、自転車に乗れるよう、雨が降らないでほしい。

水不足にならない程度に。(贅沢だけど)


林真理子さんは「野心のすすめ」の中で、

子どもを乗せて自転車を漕いでる生活感溢れる主婦になりたいか?

なりたくないでしょう?・・・と、問いかけている。


私だって野心がなくはないけど、すでに自転車なしの生活は考えられない。


ただ、せめておしゃれな自転車を買えるようにはなりたいもの。

(今はボロ自転車に無理やり子供用の椅子を付けている)

生活感・・・じゃなくて、子育てを頑張ってる輝きが出るおしゃれ自転車がほしい。

保育園に通うこどものお母さんたち、結構このおしゃれ自転車に乗っている!

タイヤが小さく安定感があり、色とりどりで、電動。


「野心のすすめ」の中での林さんの問題提起は、ごもっとも。

低め安定で終わるなんて悲しいし、私だってベンツで送り迎えするセレブになりたい!


でも時代に即した、身の丈に合った「野心」で良い気もする。

飛行機のファーストクラスに乗ることを目指す前に、

10万円のスタイリッシュ自転車に乗ることを近い目標にしよう。

電動までは望まないので・・・


今年は、たまたま通りかかった神社や喫茶店で、短冊を書かせてもらった。

子供の健康と共に、小さな「野心」を満たせるよう、願わせてもらった。


どうかよろしくお願いします。

Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000