そろそろくる

旦那がドアを開けても閉めても腹が立つ。

おそらく原因はPMS。


毎月決まって感情のビッグウェーブがやって来る。


大好きなはずの読書すらめんどくさい。

本音を言えば、何もせずに、ずっとごろごろしていたい。

ダイエットどころの騒ぎじゃない。(リバウンド→ダイエット挫折)


中島たい子さんの「そろそろくる」はPMSに振り回される女性のお話。

とてもユーモアがあり、テンポがよく、楽しく読める。


この本に出合った時は、まだ20代で、出産もしていなかったので

すごく大げさに面白おかしく書いている・・・という印象だった。

でも、30代、一時の母になって、中島さんに謝りたいくらい。

女性ホルモンに、逆らうことはできないと毎月痛感している。


月の半分くらいは、気分が落ち込み、

前向きに頑張れるのは、残りの半月しかないと言っても過言ではない。


柚木麻子さんの「本屋さんのダイアナ」にも

生理による感情の乱れに悩むシーンが登場する。

しかも小学生が。。。


男にはなったことはないから分からないけど、

女はみんな多かれ少なかれ、この波に支配されている。たぶん。


こうしている間にも、娘は成長していて

この前やっと楕円が描けるようになったと思った二歳児は、

人の体と手足が描けるようになっていた。(感涙)


彼女の場合は、俗にいうイヤイヤ期真っ只中で、

気持ちが乗っているのは、一日数時間・・・


私も、うまくこの気分の波に乗って、少しずつでも成長していかなくては・・・


Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と共に、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000