政と源

家族じゃなくても支え合う方法はある

政と源」/三浦しをん

タイトルを見て時代小説?と思って手にとったら、実際は、73歳になった二人の幼なじみの日々を切り取った物語だった。

(時代小説だったら、”平と源”になるか。

源に引っ張られたな。)


”政”は、がむしゃらに働いてきた銀行を退職し、1人で手持無沙汰な老後を過ごしている。
妻も孫もいるが、妻は家を出て、娘夫婦と孫と同居している。

言うならば、

”男は黙って仕事一筋、燃え尽き型”


”源”は、つまみ簪(かんざし)職人として現役。
妻には先立たれ子供はいないけど、孫ほどの年齢の弟子を持ち賑やかに生活している。
こちらは、

”生涯現役、破天荒型”


政と源」の前半では、政の妻が出ていったあと、1人きりの時間を持て余す日常が描かれている。

政の愚痴を読みながら、この春亡くなった祖父を思い出して悲しくなってきてしまった。

(うちの祖父は、祖母と死別だけど・・・)

活字が読みにくくなっているけど、新聞や本を読む時間がたっぷりある。

夜中にトイレで何度も目が覚めてしまうから、布団の中で翌日も何の予定もないのにひたすら朝が来るのを待つ。

食事は自分で用意して一人きりで食べる。

”政”老いと孤独を感じながらも見栄を張って、助けを求められない姿を見ていると、どうしたって祖父を思い出してしまい、せつなくなった。


もっと近くに居られたら、もっと長生きしてくれてたかな。


・・・そんなこんなで、うじうじしながらページをめくり続けていると、だんだんと”源”に、気持ちを引き上げられていく。

政と源」の中では、基本的に”政”がネガティブなのに対し、”源”は常にポジティブに描かれている。

作品で切り取られている、73歳の時点を読んでいると、”源”は常に頼もしく、”政”は助けられるばかりに見えるけど、長い2人の関係の中では、”源”にとって”政”が頼もしかった時代もあったよう。

素晴らしいものも黒歴史も2人にはたくさんの思い出があって、それを一緒に記憶の中から取り出して語りあえるし、まだまだ一緒に思い出を作れる。


老後(源の場合はまだ現役だけど)、寂しさを癒してくれるのは、家族だけじゃないんだ。

幼馴染っていいな。


2人の73歳の日々のなかに過去の回想も含みながら、

家族に出ていかれた政は、家族関係を修復できるのか?

源の弟子の未来はどうなるのか?

と・・・ストーリーに分かりやすい山があるから、読みやすい。

友達と一緒に年を重ねていくためにも、健康づくりは大切!

駅の階段にカロリー表示がされていた!

”お疲れ様”まで言ってくれるなんて、これは、歩く気になれる!


たった3.4kcalと侮るべからず。

積み重ねれば・・・

Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と共に、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000