海の見える理髪店

もうすぐ父の日

嫌味なところを継承する娘

ちょっと早いけど、父の日に、

娘が絵をプレゼントしていた。

”パパはおひげがチクチクなところが

ちょっと嫌・・・”と言いながら、

はっきりひげを書くらへん、

さすが私の子。

気をつけなくては・・・


そしてママと違って怒ってないんだね。

気をつけなくては・・・


オンリーワンの技術は幸福も不幸も運んでくる

海の見える理髪店」/荻原浩

家族写真」のことを書いてから、

海の見える理髪店」のことも

書きたくなった。

こっちの家族をテーマにした短編集も好き!


表題作「海の見える理髪店

は、僻地に店を構えながら

政財界の名士や大物俳優が通い詰める

伝説の理髪店に、

ある男性が最初で最後の

来店をするところから物語が始まる。


店主が過去の自分のことを

回想して客に話してしていくんだけど

その話が

とてもとても人間らしいというか

絵にかいたように

その場しのぎな人生というか

本能のままに生きてきた店主に

そこは我慢しようよ~とか

つっこみながら読み進めていくと・・・


終盤にびっくり!!!


あんまり書いちゃダメかなと思いつつ

うわぁ~気が付かなかったって

驚きが止まらない展開で、

忘れられない作品になった。


毎日一生懸命に生きていると

本当に大切なものを見失って

しまうことも。


この店主は

誰にも負けないオンリーワンの技術を

持っていて、そこは素晴らしいし

羨ましいんだけど

そのために天狗になって失敗したり

でも、やぱり技術に救われてもいて、

不器用すぎるなとは思うけど

自分にしかできないことが

できるってやっぱり羨ましい。


何かを極められる人になれたらと思うけど

今・・何もかも中途半端だ~。

だから今のところ、

そこまで浮き沈みがなく

暮らせているのか・・・


うーん、色々考えさせられるな~。

Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000