幸せになる百通りの方法

木曜日。萩原浩さんの作品が読みたくなって図書館へ。

”祝直木賞受賞”と、萩原さんの名前が書かれた仕切りに、

簡素なワープロ打ちのポップがつけられていた。

そのさりげなさが図書館にふさわしい感じがして、司書さんの本への愛を感じた。


今回、選んだのは、

幸せになる百通りの方法」という短編集。

4つ目に登場する動物園でのお見合いパーティーに参加する作品を読んでいたら、

動物園に行きたくなった。


なので家族で東山動物園へ。

今日はとても涼しくて、良かった!


娘は、大きい動物は基本的に怖いらしく、

人気のイケメンゴリラもゾウも・・・ライオンなんてもっての他。

よく泣いていた。

前回行ったときは、40分も見続けたペンギンに今日は興味がわかなかったらしく、

2分で切り上げ・・・

やっぱりそれかい!!!


アンパンマンの自動販売機に、一番興奮していた・・・


まだ二歳だもんね・・・

キリンとコアラはかわいかったとのこと。


萩原浩さんの「幸せになる百通りの方法」は、

動物園のお見合いパーティー物語を含む、7つのストーリーが集まった短編集。

テーマの選び方が非常にユニークで、どれも、いるいる!あるある!と頷いてしまった。

シニカルな表現、意地悪なものの捉え方が最高!


特に、震災後の節電生活を、戦争を経験したおばあちゃんの目線で描いた作品は、

『私たちの生活って必要以上に便利になっちゃった?”』

『なんか今、目指す方向間違っちゃってる?”』・・・と、考えさせられた。


みんな、もがきながら幸せになろうとしている。

そして手にしている幸せにはなかなか気が付かない。


自分なりの方法で、明日からも生活していけばいいのかな。

Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と共に、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000