奥様はCEO

アンパンマンがいれば、
どんな遠くからでも発見できる二歳児。

アンパンマンを使った広告は、
子供たちの周りの大人がターゲットなら、
すごく効果的。
昨夜、IT企業のオシャレオフィスを見学してきた。

オフィスの中に、カフェバーがあって、おいしい料理やケーキを頂いた。

滑り台、ロッククライミング、パターゴルフができちゃう空間で、
トイレから見る夜景までキレイでロマンチック。

社員の福利厚生として満足度は高いだろうし、
訪れた人が、こうしてブログやSNSに書いたり、
同僚、友人、家族に話すだろうから、
広告としての大きな役割を担ってる。

様々な発見、収穫があった。

インテリジェンス創業者である鎌田和彦さんの作品
奥さまはCEO」は、
IT企業のオシャレオフィスが舞台。

コミカルで分かりやすいストーリーだが、
IT企業の勢い、シビアな部分も生々しく描かれていて、
きっと自身の経験を生かして書かれたんだろうな、、、
スピード感や厳しさがリアルに伝わってきた。

主人公がミスをしてしまうシーンは、自分が仕事でやってしまったら、、、と重

ねてしまい苦しくなるほどだった。

社内調整や、周りの会社への根回しなど、根っこの部分で大切なことは

どこも一緒なんだなぁ。

主人公の上司によるサッカーの例え話は秀逸。

Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000