おいしいベランダ。午前1時のお隣ごはん

ときめき要素、完全網羅!

おいしいベランダ。午前1時のお隣ごはん」/竹岡葉月

カドフェスのラインナップを見て

これは絶対キュンキュンできると

思って手に取った一冊。


自分の嗅覚を褒めてあげたい!

ラストページを閉じた後は

少女漫画を読み終わった後の気持ち♪

たまにはこうゆう感じ、とっても大事!


大学に入って、ひょんな事情から

1人暮らしを始めた主人公(女子)の

たまの癒しは、お隣のイケメンと

挨拶を交わすこと。


そんなある日、不審者から逃げる際に

隣のイケメンに助けてもらい、自宅にお邪魔する。


ドキドキポイントかと思いきや、

(お約束の?)イケメンは、家でジャージに眼鏡。

そして、ベランダで熱心に野菜を育てて

いることを知ることに。

お隣さんは、意外とイケてなくて毒舌

だということが分かったけど

野菜作りを接点に親交を深める2人。


2人の恋の行方が気になる~!!!

と思いながら読んでいくことになる。


イケメンだけど、実はダサくて

手が届きそう~って設定とか

恋敵に年上の美人が登場して

自信喪失しちゃうところとか

壁ドンならぬ、そんなのやっちゃう?って

ドキドキなシーンとか、

王道しっかり抑えてるから

読みやすい!


しかし、いつの間にか、

いじわるババアな目線で

これを読んでいるであろう

ティーンたちに向けて、

『クラス全員に人気の運動部男子より

実はイケメンのクリエーター気質のが

もしかしたら手に入るかも!って

希望が持ちやすいのでは?』とか

『美人に勝てることもあるんだと

思ったでしょ~』とか、

心の中で分析&小言炸裂!


調べてみたら、去年の夏も

少女漫画を読み漁ってた。

(※昨年この時期読んでいた

「無口な彼が残業する理由」の感想はコチラ

夏になると、漫画のような

素敵なことが起こるはずだったのに

まずまず平凡だった自分の青春時代への

未練が爆発するのかしら?(笑)


この作品で2人を繋いだベランダの菜園。

私、子供が生まれてから、ベランダで

野菜すっかり作れてないな。

下手の横好きですごくはまってたのに。


暑くてこれから農作物を得ることが

不安になるほどのこの夏。

素人が作るのはより難しくなりそうだし

コスパもよくないけど

自分たちが食べるものを作れる

人でありたい!とも

この作品には感じさせられた。


それから、お隣のイケメンは

忙しくて野菜を買いに行く暇もないし

たくさん買っておいても腐らせちゃうから・・・

という理由でベランダ菜園をしている。

忙しいのは菜園をやらない理由にはならないな。

忙しいから・・・というときは

優先順位が低い時なんだ!

やるならやらねば!!!


読了後にいつも

読書メーターに登録して

読書の記録と管理をしているのだけど、

今回は、衝撃の事実に気付いた!!!


おいしいベランダ。」は、

シリーズもので、すでに5まで出てる~!


続きが読めるのは嬉しいし、

もはや読まないという選択肢は

ないのだけど、、、そんなに読んだら

とろけちゃうかも~っっ

暑いから軽めの本が良かったのに、

なんというかある意味


熱々!!!


しかも本屋さんに行ったら

大きめのお店だったのに売り切れ!

(みんなきっとはまってるんだ~)


もはや絶対読みたいモード突入。

見つかるまで

明日は本屋さんはしごしたい~!

野菜の価格が高騰するなか、

じゃがいも、玉ねぎ、ミニトマトの

詰め放題に遭遇!


北海道産のミニトマトは、

直径20cmほどのボールに

山盛りになるほど、詰められて298円!


おいしい野菜がお腹いっぱい

食べられるって幸せなことだな~。


Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000