逢魔が時に会いましょう

見どころはオカルト?民俗学?まさかのラブ?

逢魔が時に会いましょう」/荻原浩

久しぶりに涼しかったからか

子供たちは窓を開け放ち
たっぷりお昼寝。


その横でじっくり読書。。。
と言っても、現在手にしてるのは
ライトノベル。
「おいしいベランダ」

(→感想はコチラ

の2と3を読んで

ニヤニヤが止まらない~。


そんな、胸キュン要素が
荻原浩さんの作品にもあった!!!


河童や天狗、座敷わらしを

探すお話なので一見オカルトもの。

でも私は、あえてラブコメだと言いたい!


逢魔が時に会いましょう」の主人公は、

大学の准教授の手伝いで

未確認生物を探すことに。

山奥などで、とてもハードな作業を

サポートする。

この教授、ダサくて人使いが粗いけど

よく見たら顔はイケメンで、

意外と優しいところが

あったりなかったりで
主人公が好きになっちゃったかも的な
要素が。。。
(ネタバレ的?!スミマセン)

もちろん、教授が、未確認生物を
民俗学的な観点で研究している

ところは非常に興味深いのだけど

私は、王道ラブコメ設定が

入れ込まれているところが好きだった!


愛しの座敷わらし」もよかったけど

こっちの座敷童も良かったなぁ。


未確認生物は、見れたのか?

何が未確認生物を見せたのか?

そして二人の今後は・・・?

良い意味で、消化不良だ~っっ

この作品を読んだ後だったので

母がお土産でくれた笹団子に感激!!!


遠野!!!

河童!!!


私も誘って欲しかった~


逢魔が時に会いましょう」は

行ってみたい場所を増やしてくれる

作品でもあったな~。

Continued life~読書しながら暮らす~

大好きな本の話と共に、日々の生活を綴っています。

0コメント

  • 1000 / 1000